レインズシステムについて

IP型システムについて

レインズの利用について

レインズを利用するためには、宅建建物取引業を営もうとして宅地建物取引業法に規定された免許を所持している者が、以下にある中部圏不動産流通機構の構成団体のいずれかに入会する必要があります。

・各都道府県の宅地建物取引業協会
・全日本不動産協会
・不動産流通経営協会

レインズで検索した物件について

元付業者の承諾を得ずにレインズ情報を自社のホームページへ掲載、または他の手段によるインターネットへの露出等の行為は処分対象になります。
また、元付業者から正式に了承を得ても、レインズ情報は「不動産の表示に関する公正競争規約」の表示規約を完全には満たしていないため、その情報をそのまま転載すると、不動産公正取引協議会から公正取引競争規約違反として措置を受けるおそれがあります。

IP型加入方法

1. 『各種書類』のページにある、中部レインズIP型システム利用申込書に必要事項をご記入の上、機構事務局またはご所属の協会へFAX送信して下さい。

※パスワードは必ず記入して下さい。このパスワードはプロバイダとのパスワードではなくレインズ専用のパスワードです。(ローマ字数字で6桁以上、パスワード変更は随時ご自身で行えます)

2. 手続きが完了しましたら、IP型システム利用に必要なユーザーID等をFAX送信にてお知らせします。

IP型システムご利用についてのシステム利用料は無料です。

F型システムについて

FAXで証明書や日報を受信する場合は、中部レインズF型システムの加入が必要です。F型システム未加入の方は『各種書類』にある、中部レインズF型システム利用申込書に必要事項をご記入の上、ご所属の協会にご提出下さい。併せてNTTコミュニケーションズ(株)へ提出する利用申込書が必要になりますので、機構事務局またはご所属の協会へご連絡の上、用紙を受け取ってください。

※F型システムは、NTTコミュニケーションズ(株)のファクシミリ通信網の加入(基本契約と発信者指定着信課金サービスの付加契約)が必要になります。
 「NTTコミュニケーションズ BizFAXスマートキャスト(FAX接続型)新規ご利用申込書」を機構事務局またはご所属の協会から受け取り、必要事項を記入の上、NTTコミュニケーションズ(株)へご提出(FAX送信)ください。
 

手続きにあたり工事料1,700円(税別)のご負担があります。(NTT-COM局内工事)
また初期費用のほかに、発信者指定着信課金サービスの月額利用料金200円(税別)と1枚毎のFAX受信料のご負担があります。

※利用開始後、FAX番号を変更し継続してF型システムをご利用になる場合は、『各種書類』にある中部レインズIP型・F型システム変更届に変更事項を記入の上、ご所属の協会にご提出いただくとともに、「NTTコミュニケーションズ BizFAXスマートキャスト(FAX接続型)ご利用変更申込書」を機構事務局またはご所属の協会から受け取り、必要事項を記入の上、NTTコミュニケーションズ(株)へご提出(FAX送信)ください。FAX番号変更等を機にF型システムの利用停止をする場合は、『各種書類』にある中部レインズIP型・F型システム変更届に変更事項を記入・提出の上、次の「F型システム利用停止について」の手順で手続きをしてください。

F型システム利用停止について

IP型システムをご利用の方で、証明書や日報をFAXで自動受信しなくてもよいとお考えの方は、F型システムを利用停止することができます。(証明書や日報はプリントアウトすることができます。)

F型システム利用停止をご希望の方は『各種書類』にあるF型システム利用停止届をご所属の協会にご提出下さい。併せてNTTコミュニケーションズ(株)へ提出する「NTTコミュニケーションズ BizFAXスマートキャスト(FAX接続型)ご利用廃止申込書」が必要になりますので、機構事務局またはご所属の協会へご連絡の上、用紙を受け取ってください。

※F型システムを利用停止されますと、今まで証明書、日報などをFAXでお受け取りになっていた方はFAXでは自動受信できません。また受取方法の設定変更が必要になりますのでご注意下さい。
受取方法の設定変更は、ご自身のパソコンからIP型システムにアクセスしていただき、会員情報変更画面から変更することができます。(日報と証明書の受取方法を「FAX」→「IP」へ変更)

レインズマーク